【岩手県】花巻の宮沢賢治が愛した「やぶ屋」でわんこそば体験!面白い?まずい?【口コミ】

f:id:proceeding:20190720210805j:plain

岩手県】花巻の宮沢賢治が愛した「やぶ屋」でわんこそば体験!雑すぎる??【口コミ】

 旅行で岩手県に行ったついでに、わんこそば体験をしてきました。かつて、宮沢賢治(銀河鉄道の夜注文の多い料理店の作者)が愛した「やぶ屋」というお店の本店に行ってきました。本稿では、わんこそば体験の感想を記載致します。

 

 冷麺を食べた感想については以下の記事で紹介しております。

 

www.inprogressx.com

 

わんこそばとは?

 わんこそば(椀こ蕎麦)とは、岩手県の盛岡・花巻に伝わる蕎麦(そば)です。400年前、お殿様へ差上げた花巻又は盛岡が発祥のおもてなし料理です。

 

 盛岡冷麺、盛岡じゃじゃ麺と並び「盛岡三大麺」です。

 

 一口大のそばを小さなお椀に入れて、それを食べ終わるたびに、給仕係がそのお椀に次々にそばを入れ、客がそれを満腹になるまで続けるスタイルのそば。

 

やぶ屋とは?


 大正十二年に創業した老舗の蕎麦屋です。創業当時、宮沢賢治も教師時代に足繁く通い「天ぷらそばと三ツ矢サイダー」を食べていました。


つゆは、本枯節を使用し、代々引き継いでる「かえし(たれ)」を用いて仕上げます。そばの蕎麦粉は岩手県産のみを使用した(二八そば)挽きぐるみで蕎麦の香りが豊かです。

 

100杯食べると「横綱認定」されます。横綱認定されるとお店の壁に名前が記載されます。

 

 お店は立派な建物でした。

f:id:proceeding:20190720214145j:plain

場所

  花巻と盛岡に店舗がありますが、私は花巻の総本店に行きました。JR花巻駅より徒歩で10分です。盛岡の店舗は、盛岡駅ビルに直結してます。

 

駐車場 

お店の裏の方に、80台止めるところがあります。最初はわからず、見逃してしまいましので、慎重に探してみてください。

 

メニュー

 わんこそばが3000円です。わんこそば以外にも通常のかけそばや、ざるそば、宮沢賢治が愛した天ぷらそばが1000円以下の値段で味わうことができます。

 

営業日時

  • 昼の部11:00-15:00(ラストオーダー14:40 わんこそば14:30)
  • 夜の部17:00-20:00(ラストオーダー19:40 わんこそば19:30)
  • 定休日は月曜、月曜が祭日の際は火曜日

 

感想

 開店時間とほぼ同時に到着しましたが、すでに人が並んでいて、30分程度待ちました。人数にもよりますが、店内の椅子で待たせてくれるので助かりました。

 

わんこそばを注文すると、すでにセッティングされた席へ案内されます。鰹節、大根おろしはわかりますが、筋子に塩辛までおいてありました!汗

 

しかし、これがなかなか良かったです。理由は、わんこそば自体が単調な味なので、筋子や塩辛がいい味を出してくれるんです。

 

f:id:proceeding:20190720214651j:plain

 

わんこそばを開始する前に、エプロンを付けるように指示されます。そば屋でエプロンとは、なんだか、焼き肉に来た気分です。

f:id:proceeding:20190720215728j:plain


 わんこそばが始まると、給仕係のお姉さま方が、次々にお椀に投げ入れて行きます。結構、雑です笑。だいぶ上の方からお椀に投げ入れるので、ピシャッと汁が服にかかりそうになります。エプロンをしていて正解でした。

 

食べたと思った瞬間に、お姉さまが上から、そばを次々落としてくるので、しゃべっている暇なんてありません。これは、もう、戦いです。

 

f:id:proceeding:20190721081718j:plain

 

「もう食べきれない」と思っても、お姉さま方はお椀が空なのをみて「まだいけるでしょ!」という感じで、お椀に投げ込んできます。最後は、「もう無理です」と声に出して言うことが大切です。

 

記録としては、25杯程度でした。普段少食なので、そんなに食べることができなかったです。両隣の夫婦は、夫婦揃って40杯近く食べていたので、びっくりしました。最後に何杯食べたか、記録証をいただけます。

 

f:id:proceeding:20190720210805j:plain

 

 わんこそば自体は正直、あまり美味しいとは思いませんでしたが、わんこそばの体験自体は非常に面白かったのでおすすめです。