【大学院】院試併願先の入学辞退メールの書き方【コピペOK】

f:id:proceeding:20190827201801j:plain

 

 

【大学院】院試併願先の入学辞退メールの書き方【コピペOK】

f:id:proceeding:20190827201934j:plain

 

院試で外部を目指している人は併願先をいくつか受けていると思います。

 

直前になってから、入学直前にになってから辞退しても非常に遅いです。

 

第1希望が合格した時点で、併願先を辞退してあげると、大学側が補欠の繰り上げなど対応します。

 

今回は院試合格後の併願先への入学辞退のメールの書き方を記載いたします。

 

入試課へのメール文面

 

入試課には淡白なメールで良いかと思います。理由は事務的に作業するからです。

 

◯◯大学入試課

担当者様

 

件名 大学院入試の入学辞退

 

お世話になっております。

◯◯大学の大学院入学試験を受けた◯◯と申します。

 

この度、貴学の大学院入学試験を受けて合格しましたが、第1希望の大学院に合格したため、誠に僭越ながら、辞退させていただきたく存じます。

 

お手数おかけして申し訳ござませんが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 ◯◯名前

 

 

教授へのメール文面

 

研究室訪問などの対応をしてくれていたならば、お礼とその気持ちを真摯に伝えましょう。

 

気持ちが伝わることが大切です。申し訳ない気持ちも残りますが、自分の進路なので仕方がないことです。

 

◯◯大学

◯◯先生

 

件名 大学院入試の入学辞退

 

お世話になっております。

◯◯大学の大学院入学試験を受けた◯◯と申します。

 

先日は、ご多用中に研究室訪問などの対応いただきましたありがとうございました。

 

この度、貴学の大学院入学試験を受けて合格致しました。

 

しかし、他にも他大学に興味がある研究室を併願しており、大変悩んだ結果、僭越ながらそちらに進学することに至りました。

 

研究室訪問など親切に対応していただきましたのに、大変申し訳ござませんでした。

 

なお入試課には私から、入学辞退の連絡を入れておきました。

 

申し訳ござませんが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

◯◯名前

 

電話連絡

 

メールではなく、電話で連絡しても良いと思います。

 

内容は上記のメール文面のままで良いと思います。

 

辞退を早急に連絡すべき理由

 

第1志望合格後には、早めの連絡をおすすめいたします。理由は2つあります。

 

1つ目の理由

合格後に大学の方も、補欠者の繰り上げを行うことがあるため、早めに連絡してあげることです。

 

そのようにすれば、大学も欠員の補填をできますし、補欠者も繰り上がりハッピーになります。

 

2つ目の理由

あなた自身のためです。

 

これは、辞退先と似たような研究室に配属する場合、業界が狭いので学会やセミナー、あるいは就職後の共同研究先で教授に出くわす可能性があります。

 

その場合、あなた自身の対応で印象は変わるでしょう。

 

教授が親身に研究室訪問対応したのに、あなたがギリギリに辞退したばかりに、その研究室は欠員が出た状態であったならば、あまりよく思わないでしょう。

 

このような事態を避けるためにも、必ず早めに辞退の連絡をしておきましょう。

 

www.inprogressx.com

 

www.inprogressx.com

www.inprogressx.com